「新時代のサムライ」-石川県金沢市の弁護士事務所です。

サイト内検索 ブログ内検索
ご相談、お問合せは076-222-3730
またはメールはこちらから
  • 今すぐ法律相談をご希望の方へ
  • ご相談からご依頼まで
  • 顧問契約のご案内
  • 中小企業の顧問弁護士・金沢の弁護士内田のブログ
  • 金沢市遺言・相続相談センター
  • 金沢離婚相談室

顧問先の会社からは、電話やメールといった自由な形でご相談を受け付けています。また、優先的に相談時間を確保しており、業務時間外の緊急事態にも迅速に対応いたしますので、「いつでも」「すぐに」相談することが出来ます。

クレーマー等による不当要求は増加の一途をたどっており、その対応の誤りは会社の存続にも関わりかねません。顧問弁護士に対応を一任することで、その対応に多大な時間とエネルギーをかける必要が無くなり、本業への専念が可能となります。

事前規制社会から事後規制社会へと転換する中、きちんとした契約書を作成することが、安定した経営に必要不可欠となってきています。顧問弁護士に継続的に契約書のチェックを依頼することで、いざというときに会社を守る本当に役立つ契約書の作成が可能となります。

顧問弁護士がいれば、裁判の心配はいりません。裁判になりそうなトラブルについては、極力訴訟外で解決できるよう努力します。また、万が一裁判になった場合でも、事前にコストや勝てる可能性を考え、作戦が練られていますので、迅速で的確な対応が出来ます。

法令を遵守した経営は、今や会社の存続に関わる重要な問題です。顧問弁護士と継続的に相談を繰り返すことで、真のコンプライアンス経営を実現することが出来ます。今後ますます大企業や公共団体は、取引先に対してコンプライアンス経営を追求してきます。その意味でもコンプライアンス経営の重要度は高まるばかりです。

「顧問弁護士に相談してから回答する」と取引先に伝えたり、会社案内やホームページ等に「顧問弁護士」を表示することで、取引先からの信用が高まります。また、「顧問弁護士がこう言っている」と伝えることは、取引先を説得する大きな武器となります。

有能な法務担当者を雇用することに比べれば、顧問弁護士の費用はずっと低コストです。従業員としての採用や解雇には様々な諸手続きが必要となりますが、顧問弁護士の場合は、契約後に特別な手続きも不要ですし、解約も自由です。

住所 :石川県金沢市大手町7番13号
電話 :076-222-3730

金沢市を中心に北陸3県の中小企業法務(労働問題、債権回収、契約書作成、IT法、知的財産:商標・特許・著作権・不正競争防止法,法人等産:会社破産・民事再生等)や、家事問題(遺言・相続、離婚)、債務整理(自己破産、民事再生,過払い)、一般民事法務(交通事故、損害賠償、労働問題等)・刑事事件を取り扱う法律事務所です。

Copyright (C) 2010 Uchida Kiyotaka Law Office. All Rights Reserved.