「新時代のサムライ」-石川県金沢市の弁護士事務所です。

サイト内検索 ブログ内検索
ご相談、お問合せは076-222-3730
またはメールはこちらから
  • 今すぐ法律相談をご希望の方へ
  • ご相談からご依頼まで
  • 顧問契約のご案内
  • 中小企業の顧問弁護士・金沢の弁護士内田のブログ
  • 金沢市遺言・相続相談センター
  • 金沢離婚相談室
TOP顧問契約(顧問弁護士)のご案内顧問弁護士の具体的活用例

※事例は、守秘義務を考慮して大きくデフォルメしてあります。

A社は、突然、外国企業と非常に大きな契約を結ぶチャンスを得ました。そこで、平素から相談を受けている当事務所が契約書を作成し、契約を締結することに成功しました。急なチャンスを逃さず、しかも、きちんとした契約書で取引際の信用を得ることが出来ました。

B社は、融資元の銀行が突然に態度を硬化させたため、資金繰りに窮しました。しかし、同社の内情を熟知している我々が顧問弁護士としてすぐに銀行に出向き交渉した結果、支払が猶予され、経営破たんの危機を乗り越えました。

C社は、数社と協力して大きなプロジェクトに取り組んでいましたが、その内の一つの会社のミスでプロジェクトは失敗となり、大きな損害を受けました。そこですぐに、訴訟となった場合の妥当な損害額を算定の上、ミスを起こした会社と交渉し、他社に先駆けて相当額の和解金を受け取り、訴訟を避けることが出来ました。

D社の従業員は勤務中に酒気帯び運転で大きな事故を起こし逮捕されてしまいました。しかし、すぐに顧問弁護士を弁護人として選任し、示談交渉などを行った結果、逮捕後48時間経過前に釈放となり、新聞記事になることも避けることが出来ました。

E社が諸般の事情から従業員を大量に解雇したところ、従業員1名から解雇無効を求める労働審判を申し立てられました。しかし、同社はそのようなことも想定し顧問弁護士と相談しながら書面で証拠を残しつつ、きちんとした手続きをとっていましたので、ごく少額の和解金を支払い、短期間で解決することが出来ました。

F社では、暴力団関係者と思われる男から、商品の利用により大きな損害を受けたと不当なクレームをつけられました。担当社員が、顧問弁護士の指示どおり臆することなく対応し、その男から明確な金銭要求がなされてすぐに弁護士名で警告書を送った結果、それ以降その男の接触を完全にシャットアウトすることに成功しました。

G社は、取引先が破綻したため急いでその取引先に商品を引き揚げに行きましたが、すでにその商品は第三者に転売されていました。しかし、すぐに顧問弁護士と電話で相談して、転売先からの売買代金を差し押さえするのに必要な情報や書面を取引先の担当者から受け取り、先取特権に基づく差し押さえによりスピーディーに債権を全額回収しました。

住所 :石川県金沢市大手町7番13号
電話 :076-222-3730

金沢市を中心に北陸3県の中小企業法務(労働問題、債権回収、契約書作成、IT法、知的財産:商標・特許・著作権・不正競争防止法,法人等産:会社破産・民事再生等)や、家事問題(遺言・相続、離婚)、債務整理(自己破産、民事再生,過払い)、一般民事法務(交通事故、損害賠償、労働問題等)・刑事事件を取り扱う法律事務所です。

Copyright (C) 2010 Uchida Kiyotaka Law Office. All Rights Reserved.